«BM GROUP» というグルップ会社は活動の視野を広がっています。

メニュー

«BM GROUP» というグルップ会社は活動の視野を広がっています。

10:37 21.12.2017

2017年12月5日にクラスノヤルスケでは日本人のパートナとロシアの木材会社の協力に関する会議が行われました。会議の参加者はシベリア領土で深い木材加工の開発のための主要な機会と日本に輸出のを相談しました。会議の参加者は”シバ・ランベル”会社の頭のせいじ・くぼさんで、ロシアでのゼネラルマネージャーのにい・まことさんでありました。その会社は1947年以来ロシア市場で稼動しています。地域間協会「シベリア合意」実行委員会委員長のアンドレイ・ジュコフさんと取締役会長のアレクサンドル・プドフキンさんを務める「BM GROUP」グループ会社の代表団でありました。

会議の結論はBM GROUPというグルップ会社と地域間協会「シベリア合意」の間にシベリア連邦区における深木材加工部門の開発における協力とクラスノヤルスク地方における木工プラント建設プロジェクトの実施に関する合意に調印されてのことでした。

「BM GROUP」グループ会社の取締役会長のアレクサンドル・プドフキンさんはそのプロジェクトでは参加すると賛成しました。極東のビジネス木材の種構成は非常に貧しいだから。又、シベリアの松や樺からの製品は、世界市場で非常に高い需要を持っています。このプロジェクトの実施は、森林産業の発展の主要なベクトルとして木材の深い処理の量を増やすことを目指しています。

地域間協会「シベリア合意」実行委員会員会委員長のこうとうで効果的に商品輸出の蔓延の問題を解決することは、丸太の輸出が経済的に非効率的になる条件の創出を通じたものであり得るということでした。

信頼できる木材のサプライヤー

全世界で新しいパートナーを歓迎します.